共感力のトレーニング

光ポトグラフィをつけたままで色カルタをすると青から赤に変化したのがわかります。
色をイメージしたら脳の血流が活性化したことがわかる装置です。
色を選んでいる最中に活性化したのはなぜでしょうか。
気持ちが動くと本能的なことを担うのは大脳辺です。
喜怒哀楽をつかさどるのが偏桃体です。
その偏桃体の近くにあるのが海馬です。
記憶によって感動が生まれるのです。
感動両区アップのポイントは「記憶」にあります。
人の話しを聞いているだけでも、自分はああだったこうだったと思い出しますよね。
共感したり人と感動を共有するのも脳には良いことです。
誰とも関わらず、また感情の起伏が起きないようだと脳の老化が進んでしまうというのは誰にでも想像がつきますからね。