営業のおぜん立て

相手に電話をかけて会って話しを聞いてくれるようにするアポインター。
個人宅に電話をかけて商品を勧めるのとか、かかってくると冷たい態度をとってしまうこともあります。
企業あての電話も大変でしょうね。
その仕事を代行する会社があるそうです。
受け付けの担当が分からない難しい専門用語をわざと使って受け付けを突破することが大切。
確かに!
電話をとってから聞いたことがなんだか意味がわからないときは誰かに聞くことになりますもんね。
イエスかノーではなく、OKの選択肢の二つを用意すると相手は答える
営業のアポイントをとるだけでなく、一緒についてきて営業の人の難しい話しをフォローする。
話し始めるとか印象が良いと見たらすぐにアポ取り
営業のおぜん立てってうまい仕事ですね。