失火者に重大な過失?

失火法とは・・・
木造家屋が多く大火事になりやすいので個人では賠償できないことがあることからできた法律です。
鍋の空焚きが原因で多くの家や建物を燃やしてしまった大火事。
空襲のようだったと近くの住民の方はおっしゃっていましたね。
他人の権利法律上の利益を侵害した場合は賠償する責任を負いますが、ただし、失火の場合はこれを適用せず。
日本の家は木でできていることが多く全部責任を負うことは出来ないことからこの法律。
ただし、失火者に重大な過失がある場合はこの限りにあらず。
非常に大きい過失の場合は賠償をおうというものです。
しかしひとつの建物への賠償金だって払えないであろう人に、100棟以上の焼失へは無理でしょうね。
ふるさと納税が集まっているので寄付でもなんとか手助けするのが現実的かな。