食べ物が美味しいという幸せ

最近は食べ物が美味しいという幸せしかないような気がするけれど、食べ物が美味しいなんて心底幸せなことだと思いました。
無理やり感はありますよ。
でも、食べ物が美味しくないというのは体の不調がどこかしらにあるということですよ。
それは体のどこかかもしれないし、心の問題かもしれない。
とりあえず、ひとつでも幸せを感じる出来事があるのであれば、まだまだ生きていけますよね。
あとは知らなかったことを知ったときの喜び!
まあ、本当のことを言うと今更知ったというのに羞恥心と自分のさまざまなものに対してのチャレンジ精神がなかったことにひいてもいます。
知ることは遅すぎたけど、もっと先になるよりはましです。
そうやって前向きに生きていきたいです。

コメントは受け付けていません。